旧石器の宝庫「笹山原遺跡群」

猪苗代湖の東岸に位置する会津若松市の湊町笹山原・河東町の大野原・猪苗代町の翁島一帯は、 磐梯町を中心とするアスピーテ式の火山「大寺火山」で形成されています。丘陵上に、会津地方最古の人類が生活していた痕跡が数多く発見されています。そのなかでも郡山女子短大の学術調査や県のリゾート施設の建設に伴い市教育委員会で発掘調査を実施した笹山原遺跡群からは、一万五千年前から三万年前の旧石器時代の石器が多数発見されています。遺跡の年代は、火山灰によって決められ、遠く九州の鹿児島県から降ってきた火山灰が決め手となりました。これらは会津地方の歴史の古さを物語っているものです。

 

 弥生時代は、文化が激しく入れ代わった時代

縄文時代では、会津高田町の十五壇遺跡から青森県の三内丸山遺跡同様な江戸時の農家の住居よりも大型の住居跡が 発見されています。
また柳津町の石生前遺跡では、中期の土器が多数出土するなど成果が表れています。すでにこの時代において、長野県産の黒曜石が 各遺跡から出土することから広域的な流通が認められています。
縄文時代に続く弥生時代では、墓料遺跡出土土器の中に、愛知県から持ち込まれた土器や 関西系の土器があることから、西の地方との交流が活発に認められるようになります。
墓料遺跡以後では、昭和62年度に国営会津農業水利事業に伴い県で 発掘調査を実施した一ノ堰B遺跡や昭和60年度から63年度に市立第三中学校の建設に伴い市教育委員会で発掘調査を実施した川原町口遺跡から弥生中期の 土坑墓が多数検出され、それまでの骨を数年後に土器に入れまとめて埋葬する再葬墓から遺体を地中に穴を掘り直接埋葬する形態へと変化します。
集落では、磐越自動車道の会津若松インター建設とアピオ造成に伴い県と市教育委員会で発掘調査が実施された屋敷遺跡から、弥生時代の中期から古墳時代 初めの集落跡が検出されています。この遺跡の遺構や土器から見ると中期の段階では、西や関東地方の影響があったものが、後期の段階になると北日本を 中心とする縄文土器に似た装飾を施した天王山式の土器が多く見られることから、一時北の地方の影響が強くなったことが判ります。このことは、北の民族が 一時強かった事を示すものです。
その後、弥生時代の終わりには北陸地方の石川県を中心とする月影式の土器が出土することと、竪穴住居跡の周りに溝が 巡らされるようになることから北陸地方とのつながりが強くなった事を表しています。それ以来、会津地方の文化の多くは、北陸地方を経由して移入する ようになります。

 

 東北地方最古の古墳群「一箕古墳群」

国史跡の会津大塚山古墳は昭和39年に市によって発掘調査が実施され、多くの副葬品が出土し、大和地方の影響が 強かったことを示すものです。現在でも、東日本ではこの古墳以上の副葬品を伴った古墳は発見されていません。4世紀後半の時期と言われていましたが、 太刀の赤外線撮影の結果、三葉の環頭太刀であることから4世紀末頃であることが現在では定説となっています。全長は、90mとされていましたが、昭和 63年度の大塚山古墳測量調査団による測量によって全長114mの大型の前方後円墳であることが判明しました。さらに、東方の堂ヶ作山と飯森山の山頂に 大型の前方後円墳がそれぞれ一基ずつ存在することが確認されています。
堂ヶ作山古墳は、平成元年以降、新潟大学と県博を中心とする調査団により試掘 調査が実施され全長84mの前方後円墳であることも判明し、出土した土器の形式によって、会津大塚山古墳より古い4世紀前半頃の東北では会津坂下町の 杵ヶ森古墳とともに最古に属することが判りました。
また、平成7年度の市教育委員会の分布調査の結果、飯森山古墳も全長約65mの前方後円墳であることが 判りました。前方部がやや短い、会津坂下町の臼ヶ森古墳に似た形状です。また、かつては、一箕町の八幡神社裏にも前方後円墳が有ったとされ、一箕 古墳群は、東北の歴史上に重要な意味を持っています。
ただし、一箕古墳群は、会津大塚山古墳を最後に大型の古墳が消滅し、会津坂下町の亀ヶ森古墳を 中心とする在地の豪族の勢力に会津の中心が移行するようになります。しかし、会津坂下の勢力も東北を代表する一族までには発展せず、会津以外の勢力下に 組み込まれていくようです。 

 トップページに戻る 成果2へ